投稿日:

魂のありか

先日誕生日を迎え、たくさんの方々からお祝いのメッセージを頂きました✨

 

リラクゼーションのお仕事の空き時間に朝から夜までお返事をする感謝の時間を過ごしました

 

自宅に戻ってからは嬉しい気持ちが高まり

イラストをひとつ描きました

 

少女の中には陰陽が…

 

楽しいこと嬉しいことが多い人生もいいなぁと思いますが

 

全てのことに陰陽が存在しているとおもうと

わたしの単純な頭では

魂の成長のためには

 

自分の中で生まれる悲しみや苦しみさえも、やはり必要なことなんだなと思うのです

とてもやりきれない事態がおこった裏には何があるんだろう

それとも前に後に何かあるんだろう

 

苦しみと喜びがあって、それを統合してひとつのかたまりになる

 

それを何度も何度も繰り返す

 

そうして成熟度が増していくんだろうなと

自分の考えです

 

 

魂と言えば、

先日、わたしよりもいろいろ考えをめぐらせたり、調べたりされている方が

魂と体は別物で、体は地球上に生まれるための器という説について話をしていたら

魂は体のどこに入っているのかの証明が出来ない。

というようなことを言っていました

 

そんなこと考えるんだーー!

ってちょっとびっくりしました😳

 

直霊(なおひ)は仙骨にちょこんと乗っかっているというのは聞いていたけど

 

え、魂…

直霊は魂とちょっと違うよね?

魂のうちのひとつが直霊?

 

となったわけです

 

 

改めて自分の考えの浅さを感じました

 

魂ってどんな分子で出来ているのかな

もしかして、魂のありかは人それぞれなんじゃない?とも思いました

 

感覚が人それぞれ鋭いところがあり、個性があるのと同じように

魂の居場所ももしかしたら決まってないのかもしれない

 

 

 

 

わたしの魂の居場所は……

 

………

 

どこだろう (笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です